OnebyESU「JFF #901」カラーオーダーモデル・アノダイズドモデル共に全サイズ発売を開始しました。

JFF #901

※写真はMサイズ、OBS-GBD1.5THフォーク装着、カラー「サンドチタンブラウン」

※ホイールは700C、タイヤは「SOMA カザデロタイヤ 700×42C」、ハンドルは「OnebyESU ジェイカーボン マホラ スエヒロ」、ラ・クランク オーバルチェンリングが装着されています。

心置きなく旅を楽しむ…ワンバイエス初のアルミツアーモデル

タフで軽量なアルミチューブに肉厚変化や形状加工で柔軟性を持たせ、ユーティリティー能力に優れた装備に独自のロングライドジオメトリーを採用したオンオフ愉しめるツアーモデル。

OnebyESUのアルミフレームとして実績あるCX(シクロクロス)レースモデル「#807」シリーズから派生したのが「#901」。軽快さや機敏性を持ちつつ、安定した持続走破性があり、多くのカーゴマウントを備えてユーティリティー性も高く、タイヤクリアランスも余裕のある設計となっています。マウントとデュアルオフセット機能を備えたカーボンフォークとともにオールツアーに相応しいフレーム&フォークセットとなっています。

CXモデル譲りのアルミチューブが効果を発揮

CXモデルで磨かれた軽量でタフなトリプルバテッドをフルスペックし、レースシーンでも実証済みのチューブ加工による柔軟な路面追随性は快適なフィーリングをもたらす。CXでの実績をツアースペックに落とし込んだモデル。

軽量化とタフネスの両立

トリプルバテッドチューブを無駄のない高度な溶接技術でまとめる

金属素材に柔軟性を持たせる

扁平シートステーと複雑なチェーンステー加工が快適性と実用性を生み出す

ユーティリティー能力に優れた多数のマウント

ツアーで運びたい多くの荷物をフレームやフォークに取り付けることでライダーの負担を軽減でき、余裕を生み出すことで愉しみの幅も広がります。700×38C(650×50B)以下ではフルフェンダーの装着も可能ですが、リムやタイヤの種類によってクリアランスに違いがありますので詳細はご購入先自転車店にてご確認ください。

ボトルケージ台座とカーゴマウント

設置位置を調整しやすいボトルケージ台座とトップチューブ上のマウント

ダウンチューブ下とトップチューブ下側にもマウントを設置

キャリア・フェンダー用アイレット

シートステーブリッジとサイドにもアイレットを設置

チェーンステーブリッジのアイレット

シートステー下方とエンド自体にもアイレットを設定

タイヤの選択

最大タイヤの想定は700×42Cとしています。リムやタイヤの種類によってクリアランスに違いがありますのでご注意ください。

SOMA カザデロタイヤ 700×42CタイヤをMサイズに装着した状態、シートステーとタイヤとの隙間は左右約12mm

同じタイヤをMサイズに装着した状態、チェーンステーとタイヤとの隙間は左右約6mm

SOMA グランドランドナーHD 650×42BタイヤをXSサイズに装着した状態、シートステーとタイヤとの隙間は左右約11mm、チェーンステーとタイヤとの隙間は左右約12mm

デュアルオフセットフロントフォークとのバランス

2種類のオフセットを設定できる「OBS-GBD1.5TH」カーボンフォークは、フレームサイズやタイヤサイズ、フロント荷物など使用環境に応じて、出来るだけスムーズな操縦が可能なオフセットを選択することができます。またレッグサイドのカーゴマウントや内側のフェンダー向けアイレットなど多様性も備え、カーボン積層内には振動減衰シートも挿入されています。

フォークの詳細はこちら

エンドのアルミパーツの差し替えでオフセットを変換、カーゴマウントも装備

装備付属品

フレームに取り付ける装備品は、ワイヤー変速・Di2有線・Di2無線の各種に対応し、スルーアクスルなどが付属されます。

装備品

新作のM6クランプ・リプレースハンガー・各種ケーブル対応パーツ・スルーアクスル・チェーンステープロテクターシールが付属

装着例

ワイヤー変速仕様時のセッティング。不要のワイヤー出入り口用に蓋が用意されます。ダウンチューブ上方のアルミケーブルアジャスターは新作の専用設計です。
※写真はSサイズ、OBS-GBD1.5THフォーク装着、カラー「サンドディープレッド」

Di2有線仕様時のセッティング。
写真はLサイズ、OBS-GBD1.5THフォーク装着、カラー「PANTONE 639C G-3」

ジオメトリー

JFFとしては少し長めのトップチューブとヘッドチューブの構成となっており、BBは低めの低重心で直進安定性を高め、ゆったり後ろ荷重でき、軽やかなハンドリングを目指しています。XSサイズにおいてもバランスを損なうことのない設計で、OBS-GBD1.5THフォークをセットすると適切なオフセット値により、ハンドリングなどもスムーズにこなせます。

※OBS-GBD1.5THフォーク設定では概ねXSとSサイズではオフセット53に、MとLではフロントに荷物など多い場合やタイヤが太い場合など53に、タイヤが細めで快走志向だと48.2が推奨となりますが、どちらのオフセットも試されることをお勧めします。セッティングはご購入先自転車店にて行ってください。

<スモールサイズ、特にXSサイズではフロントシングルチェンリングを推奨>

XSサイズは適切なサイズバランスを切望する小柄なライダーのために、スタンドオーバーハイトを下げシートチューブはSサイズより60mm短い400mmとしております。伴って駆動部や操縦部などのパーツ構成も見合ったバランスが重要となります。取り分けフロントチェンリングは推進力に直接かかわるポイントとなりますが、スモールサイズへのフロントダブルチェンリング設定は、小柄なライダーが使用しない歯数構成になってしまったり重複するギヤ比が発生する場合も多くなりがちです。OnebyESUでは、スモールサイズのバランスアップにシンプルで効率的でトラブルの少ないシングルギヤの選択を推奨いたします。

  • ※JFFジオメトリーはバランスを優先し、フレームサイズ・フォークオフセット・クランク長・シューズなどのサイズや乗り方によって、特に低速での前輪曲げ角度によっては前輪が爪先にぶつかり転倒する恐れがあります。ご理解の上ご購入ください。

詳細スペック

フレーム&OBS-GBD1.5TH:¥168,300(本体¥153,000)

フレーム:¥107,800(本体¥98,000)

  • フレーム
  • 6061 アルミチューブ(トップチューブ・シートチューブ・ダウンチューブ:トリプルバテッド/シートチューブ・チェーンステー:プレーン ※扁平加工)
  • サイズ(SL):XS(400mm)・S(460mm)・M(510mm)・L(540mm)
  • カラー:オーダー(カラーチャート欄を参照ください)・サンドチタンブラウン(アノダイズド)・サンドディープレッド(アノダイズド)
  • Di2・ワイヤー変速・ディスク対応(インターナルケーブルルーティング)
  • フラットマウントディスク(台座の高さ:15mm)
  • スルーアクスル(レバータイプ・アクスル12mm・アクスルピッチ1.5・挿入幅163mm)
  • シートポスト径:27.2mm
  • Fメカバンド径:31.8mm
  • リアエンド幅:142mm
  • BBシェル幅:68mm
  • リアタイヤ通過部チェーンステー幅:約45mm
  • リアタイヤ通過部シートステー幅:XS/約46mm・S/約54mm・M/約61mm・L/約63mm
  • ボトルケージ台座:ダウンチューブ上(3ボルト)・ダウンチューブ下・シートチューブ
  • ダブルカーゴマウント:トップチューブ上・トップチューブ下
  • アイレット:シートステー上方左右・シートステー下方左右・シートステーブリッジ・チェーンステーブリッジ・フレームリアエンド部に左右アイレット設定
  • 付属ヘッドパーツ
  • TANGESEIKI TG36IS227SL 1-1/8"(UPPER)・ZS225X 1.5(1-1/2")(LOWER)(クラウンレース(下玉押し)付属)
  • 付属小物
  • スルーアクスル・シートクランプ(M6)・各種フレームパーツ(装備付属品欄を参照ください)
  • フォーク
  • <OBS-GBD 1.5TH>デュアルオフセット(48.2mm・53mm) 1-1/8"-1-1/2"(1.5)テーパード 肩下(OF 48.2mm:396mm・OF 53mm:398mm)タイヤクリアランス55.8mm レッグ内側左右フェンダーマウント・クラウン貫通穴(ナットM6)・レッグサイドダブルカーゴマウント・スルーアクスル(レバータイプ)
  • 重量
  • フレーム:約1290g(XSサイズ未塗装、装備付属品なし)
  • フォーク OBS-GBD1.5TH:約538g(コラム300mm スルーアクスルなし)
  • ※フレームマークはオーダーカラーの場合JFF#901専用のディカルでグレー調となります。サンドチタンブラウン・サンドディープレッドの場合JFF#901専用のトップチューブはマスキングによるブライト仕上げで他はディカルでグレー調となります。
  • ※タイヤ通過部の幅に対する最大装着可能なタイヤはフレームに装着するタイヤやリムの種類で前後する場合もあります。詳細はご購入先自転車店にてご確認ください。

アノダイズドカラー

カラーオーダーの他にアルミ特有のアノダイズドカラーを2色(サンドチタンブラウン・サンドディープレッド)を設定しています。共に奥の深いアルミ素材が生きた色合いになっています。

細かなサンドフィニッシュの深く艶やかな紅色「サンドディープレッド」

トップチューブのOnebyESUロゴはマスキングによるブライト仕上げとなります。

モデル名はシートチューブに入ります。

細かなサンドフィニッシュの少し茶が混じったチタン風の「サンドチタンブラウン」

「サンドチタンブラウン」のトップチューブマスキングロゴ

※トップチューブ以外のマークはディカルでグレー調となります。またカラーオーダーは全てのマークがディカルでグレー調となります。

基本色カラーチャート(全32色)からの指定

カラーチャートから番号と名称にて指定してください。

  • カラーオーダーの料金はフレームの価格に含まれています。
  • フォークへのフレーム同時同色塗装はプラス¥15,400(税込)です。
  • 全色マット(艶消し)塗装も可能です。
  • ※フレームマークは#901専用のグレー調となります。
  • ※塗装には4週間程度を要します、ただし遅れる場合もあります。

PANTONE®(パントーン)色からの指定

▲画像クリックで全10ページのパントーン色見本がご覧いただけます。(PDFファイルが開きます)
※PCでの閲覧推奨

また、一つの色から、ソリッドと輝き度合いの弱め強めの3種の仕上げより選ぶことができます。

  • 例として「PANTONE 110 C」をご指定の場合、
  • ・ソリッドの場合は「PANTONE 110 C G-0」と指定してください。
  • ・輝き弱めの場合は「PANTONE 110 C G-3」と指定してください。
  • ・輝き強めの場合は「PANTONE 110 C G-7」と指定してください。
  • ※「PANTONE 110C G-0」(黄色系)などと追記していただくと番号間違えが発生しにくくなります。

ブラックとホワイトについては基本色カラーチャートの「S-003ブラック」「S-001ホワイト」からとし、輝き度のご要望の場合は「S-003ブラック G-3」「S-003ブラック G-7」「S-001ホワイト G-3」「S-001ホワイト G-7」と指定してください。

3種の違いの目安を以下のブラックとホワイトの写真で示します。但し、あくまで大凡の範疇でありますので、参考としてください。
尚、カラー塗装見本を制作し確認されたい場合は、販売店までご相談ください。(アップチャージ対象)

※PANTONEでの色の選択では、画像での見え方や塗装での微妙な加減などでイメージ通りの仕上げには至らない可能性がありますことをご理解お願いします。

ブラックのソリッド(G-0)

ブラックの輝き弱め(G-3)

ブラックの輝き強め(G-7)

ホワイトのソリッド(G-0)

ホワイトの輝き弱め(G-3)

ホワイトの輝き強め(G-7)

  • PANTONE色見本からの塗装料金はプラス¥12,100(税込)です。
  • 基本色カラーチャートからのブラック「S-003ブラック」とホワイト「S-001ホワイト」については(G-3)(G-7)の指定でもプラス料金は発生しません。
  • フォークへのフレーム同時同色塗装はプラス¥15,400(税込)です。
  • 全色マット(艶消し)塗装も可能です。
  • ※フレームマークは#901専用のグレー調となります。
  • ※塗装には4週間程度を要します、ただし遅れる場合もあります。

※写真はXSサイズにOBS-GBD1.5THフォーク装着、カラー「PANTONE 265C G-0」

※ホイールは650B、タイヤは「SOMA グランドランドナーHD 650x42B」、ハンドルは「Veno ボーダレスカーボンハンドルバー2」、フロントチェンリングは41×29Tです。

<XSサイズ『フロントダブルチェンリング設定』での注意事項>

XSサイズでフロントダブルチェンリングを使用する多くの場合、フロントディレイラー(FD)取り付けバンドがボトルケージ台座と干渉します。Sサイズに於いてもアウターチェンリングの歯数によっては干渉する場合があります。干渉する際にはFDバンド装着位置を台座より上げ、FD(直付タイプ)自体を下げる「アダプター」をご利用ください。(アダプターは「IRD ディレーラードロッパーアダプター」などがあります)また、アウターチェンリングが小さい場合(概ね41T以下)FD後端とチェーンステーが干渉する可能性がありますので販売店にてご相談ください。※推奨については「ジオメトリー」項に記載しています。